日本で暮らす

Vol. 6 携帯電話・Wi-fi、銀行口座、海外送金

日本でくらすサムネ06
2020年12月10日

*By KOKORO(毎日新聞社+VAIJなど主催、在ベトナム日本国大使館など後援)

携帯電話とWi-Fi

日本で携帯電話を使うには通信会社(キャリア)との契約が必要です。契約が必要かどうか、契約の方法や契約プラン、携帯端末をいつ買うべきか、無料Wi-Fiをつなげる場所などを紹介します。

1.日本で携帯電話を使うには

携帯電話会社と契約

海外で携帯電話を使う場合、現地のSIMカードを使う方が経済的ですが、ベトナムと日本ではSIMの仕組みが異なります。ベトナムでは、携帯電話機(端末)にSIMカードをセットすれば、音声通話とインターネットがすぐに使えます。プリペイドカードを買えば、料金も簡単にチャージできます。

それに対し、日本で音声通話とデータ通信(インターネット接続)を使うには、携帯電話会社(通信会社=キャリア)と契約する必要があります。料金は月額制で、契約した通信・通話プランに従って毎月の料金が算出されます。

大手キャリアを使うと、毎月5,000円~8,000円かかるケースが大半ですが、最近では格安SIMも普及しています。大手キャリアと格安SIMの違い、格安SIMの料金などについては、下記ページで分かりやすく解説しています。

1. 通信・通話契約の必要性

2. 大手キャリアは高品質・高料金

3. 格安スマホ・SIM

4. 格安SIMのプラン例

5. 格安SIMのデメリットと対処方法

2.携帯電話の契約方法

携帯電話の音声通話やデータ通信(インターネット接続)の契約は携帯電話会社(キャリア)の直営店や代理店で行います。各キャリアの直営店以外に、さまざまなキャリアを一つの店で取り扱う複合代理店があります。家電量販店の中にも携帯電話機の販売コーナーや各キャリアとの契約窓口があります。

キャリアと契約する際は、申込者が本人であることの確認が行われます。本人確認には、①氏名 ②生年月日 ③現住所が記載された公的書類(本人確認書類)を窓口で提示するか、郵送するか、ウェブサイトで写しを送ることが必要です。

【本人確認書類の例】

・在留カード

・パスポート(現住所の記載が必要)

・マイナンバーカード

※このほか、未成年者の場合は親権者の同意書が必要

【料金支払い手続き】

料金支払い手続きのために、次のいずれかも必要です。

・クレジットカード

・日本の銀行の預金通帳(またはキャッシュカード)と印鑑

携帯電話会社によっては、ホームページや店舗で外国語での対応を行っています。最近は、ベトナム人の店員も増えてきました。

3.携帯電話機の購入

あわてて買わなくても大丈夫

これから日本に行く人は携帯電話機(端末)をベトナムから持っていきましょう。しばらくはその端末で過ごし、日本に慣れてから新しい端末や安い中古端末を買っても遅くありません。 中古端末は大手家電量販店などさまざまな店で売られています。

【留学生の場合】

留学先の学校などが携帯端末の購入やキャリアとの通信・通話契約をあっせんすることがありますが、急いで契約しなくても大丈夫です。日本に来てすぐに日本語学校の紹介業者から携帯端末を買ったある先輩は「急いで買わず、日本に慣れてから買えばよかった」と後悔しています。ベトナムから持って行った携帯端末をアパートや学校、コンビニなどのWi-Fiでインターネットにつなぐことができます。

【技能実習生の場合】

技能実習が終わるまでSIMなしで過ごす実習生が大半です。ベトナムから持って行った携帯端末を寮のWi-Fiにつないで過ごし、お金が貯まってから好きな携帯端末を買う実習生もたくさんいます。

SIMロック

携帯電話会社で端末を購入すると、多くの場合、他社のSIMカードが使えないようになっています。これを「SIMロック」と言います。他社のSIMカードを使いたい場合は「SIMロックの解除」という手続きが必要です。最近は、端末を操作して自分でSIMロック解除を行うことができますが、わからない場合は、携帯電話会社の店に行ってください。

その際、SIMが自分の携帯端末で使えるかどうか、動作確認も行ってください。

4.Wi-Fi

無料Wi-Fi

日本で無料でWi-Fiを接続できる主な場所は空港やコンビニ、全国チェーンのカフェなどです。

参考:【全国版】無料Wi-Fiスポットはココにある!カフェ・コンビニ・公共機関リスト

インターネット接続契約

自宅などでWi-Fiに接続するには、通信会社とインターネット接続契約をする必要があります。契約手続きは通信会社の店舗かウェブサイトで行います。料金は月額制で、毎月4,000円~6,000円かかります。販売プロモーションとして、一定期間以上の契約に対してキャッシュバック特典を受けられる場合もあります。

【留学生の場合】

学校が寮を提供している場合は、寮の部屋に最初からWi-Fiが備わっている場合が多いですが 自分で探した部屋でWi-Fiに接続するためには、インターネット接続契約が必要です。 友人と部屋をシェアして家賃やインターネット費用を分担するケースも多く見受けられます。

インターネット接続契約をしたい場合、モバイルWi-Fiがお勧めです。モバイルルーターを持ち歩けば、スマホをいつでもWi-Fiに接続できます。その場合、スマホの通信・通話契約は、最もデータ通信量の小さいプランを選ぶことができます。

参考:WiMAX徹底比較完全版(2020年11月)※リンク埋め込み

参考:価格com. モバイルWi-Fi料金比較

【技能実習生の場合】

技能実習生の場合は、会社の寮にWi-Fiがある場合がほとんどで、それを使う実習生の人数で割った料金を毎月の給料から天引きされるケースが一般的です。会社が全額負担する場合もあります。

タブレット端末を寮のWi-Fiにつないで日本語の勉強をする技能実習生

5.契約や利用の際の注意点

「携帯電話を代わりに契約してあげる」と言って近づき、あなたの本人確認書類を使って携帯電話の通信・通話契約を行い、その携帯電話番号を犯罪に利用する悪質なグループや業者がいます。

・契約を他人に依頼する場合は、自分でも内容を確認してください。

・契約した携帯電話を、携帯電話会社の承諾を得ずに他人に譲り渡すことは法律違反です。その携帯電話が犯罪に使われることがありますので、決して無断で他人に渡さないようにしてください。

*By KOKORO(毎日新聞社+VAIJなど主催、在ベトナム日本国大使館など後援)

携帯電話会社(SIM)の上手な選び方

日本の携帯電話は契約制で、通信・通話料が非常に高額です。これから日本に来る人や、すでに日本で生活していて携帯電話会社(通信会社=キャリア)との新規契約や乗り換えを考えている人に、通信・通話サービス(SIM)を上手に選んで節約する方法をお伝えします。

1. 通信・通話契約の必要性

携帯電話の通信・通話料金を安く抑えたい人は「格安SIM」を検討しましょう。 SIMフリー端末(携帯電話機)が必要ですが、月1,000円台の音声通話付きプランもあります。契約はキャリアの直営店や代理店で行います。 ベトナム人店員のいる店も増えてきましたが、手続きが不安な人は、組合・会社・学校の人や友人などに同行してもらいましょう。

日本での携帯電話の通信・通話料は毎月、大きな出費になります。このため、技能実習生の場合、会社の寮のWi-Fiを主に利用し、帰国するまでSIMカードを使わずに過ごす人もたくさんいます。しかし、留学生の場合は、アルバイト先との連絡などもあるので、電話番号(SIM)なしで過ごすのは難しいかも知れません。. そこで、日本に長く住んでいる先輩たちが節約のこつをアドバイスします。

ベトナムではプリペイドのSIMカードがよく使われていますが、日本ではこのシステムがありません。キャリアと契約して通信・通話料を毎月支払う必要があります。料金はキャリアや契約内容(プラン+オプション)によって大きく異なります。

2. 大手キャリアは高品質・高料金

3大キャリア

日本の3大キャリア(通信会社)はdocomo、Au、SoftBankで、データ通信の速度や通話品質などがすぐれています。サポートを提供する携帯電話ショップもたくさんあります。国内電話かけ放題や大容量データ(1カ月50G)も定額で利用できます。

毎月の料金

ただし、通信・通話料は毎月5,000円~8,000円かかるケースが大半です。 ここに携帯電話機(端末)の購入費用が加わると、非常に高額です。i Phone など人気機種を買って通信・通話契約をすると、毎月の支払い(通信・通話料+端末の分割払い)が10,000円を超えるケースもあります。

解除手数料(違約金)

3大キャリアに限らず日本のキャリアとの契約の多くには1年・2年といった契約期間があり、期間中に解約すると10,000円近い違約金を取られます。最近は、いつ解約しても違約金を取られない契約プランも増えてきました。契約の際に必ず確認してください。

3. 格安スマホ・SIM

格安スマホ・SIM

3大キャリアではなく格安SIMを使う人も増えています。格安の通信・通話サービス(格安SIM)を提供する会社には、LINE モバイルやBiglobe モバイル、UQモバイル、IIJmio(アイアイジェイミオ)、Y!モバイルなどがあります。「格安SIM」「比較」といったキーワードで検索すると、各社のサービスや料金を比較するサイトがたくさんヒットします。

格安SIMを提供する主なキャリア

LINEモバイル 

UQモバイル 

Y!mobile(ワイモバイル)

mineo(マイネオ)

OCN モバイル ONE 

IIJmio(アイアイジェイミオ) 

BIGLOBEモバイル 

SIM VANG 

契約プランと料金

格安SIMには、大きく分けて「音声通話付きプラン」と「データ通信専用プラン」があります。音声通話があるかないかの違いです。音声通話付きプランでは080や090などから始まる番号で通話ができます。ただし、大手キャリアと比べて通話料の基本設定が高いので、「10分間かけ放題」や「月60分間かけ放題」などの定額通話をオプションで利用する場合が多いです。

格安SIMには毎月2,000円以下の料金プランもたくさんあります。自分に必要なデータ通信量や通話時間などに応じて基本プランとオプションを選びましょう。 自宅や寮、学校、アルバイト先などのWi-Fiでインターネットをつなぎ、それ以外の場所ではあまりネットを使わないという生活スタイルなら、少ないデータ量のプランでも大丈夫です。

契約に必要な書類

・本人確認書類(在留カードなど)

・口座振替の場合…預金通帳(またはキャッシュカード)と印鑑

・クレジットカード払いの場合…クレジットカード

4. 格安SIMのプラン例

格安SIMのプラン例を紹介します(料金は月額/2020年11月現在)。

LINEモバイル

・音声通話付きSIM(データは3GB):1,480円

・SNSデータフリー(オプション):280円

Y!mobile 

・スマホベーシックプランS:2,680円

UQモバイル

・スマホプランS(データ3GB):1,980円

SIM VANG

在日ベトナム人協会(VAIJ)がイデアスパークと提携して提供しているSIMで、SmartPitでの支払いが可能です。VAIJの会員カード(有効1年)も付いており、生活で困ったことが起きた場合にVAIJからの支援を受けやすくなります。

・パッケージライト(データ3GB):1480円

・パッケージライト(データ3GB+通話):2,180円

5. 格安SIMのデメリットと対処方法

格安SIMのデメリットと対処方法を紹介します。

①通信速度が不安定

多くの格安SIMのデメリットは通信速度です。格安SIMは3大キャリアの回線の一部を借りているだけなので、多くの人が使う時間帯には通信速度が遅くなりがちです。.

〈対処方法〉

自宅や寮、カフェ、コンビニなどでWI-Fiと接続すれば、通信速度の問題はありません。

②通話料金が高い

大手キャリアには国内電話かけ放題のプランがあります。しかし、格安SIMでは30秒間・20円の通話料金が平均的です。

〈対処方法〉

LINEやメッセンジャーで通話する場合は、こうした通話料はかかりません。

「5分・10分間かけ放題」や「月60分間かけ放題」などの定額通話をオプションで利用できます。これらを利用する人が多いです。

・通話アプリを使うことで通話料が下がったり、短時間通話が無料になったりすることもあります。

③サポート

3大キャリアのサポートは店での対応が充実していますが、格安SIMの場合はチャットでの対応が多いです。

④購入できる端末の種類が少ない

格安SIMの契約時に携帯電話端末も一緒に買う場合、3大キャリアと比べて選べる端末の種類が少ないです。

〈対処方法〉

iPhoneなど最近の端末ではSIMカードを差し込めば使える場合が多いので、ベトナムから端末を持って行くか日本で好きな中古端末を買い、それを使うとよいでしょう。ただし、SIMによっては適合しない端末もあるので、契約の際に動作確認をしてもらいましょう。

⑤ クレジットカード決済が多い

毎月の支払いはクレジットカード払いが主流ですが、口座振替を利用できる格安SIMもあります。

*By KOKORO(毎日新聞社+VAIJなど主催、在ベトナム日本国大使館など後援)

銀行口座

1. 銀行口座を開設する

銀行の窓口で口座開設の手続きができます。銀行によっては郵送やインターネットでも手続きできます。通常、キャッシュカードは後日、自宅に郵送されます。

銀行口座を開設するときは、次の書類を持って銀行に行ってください。

❶ 本人確認書類(在留カード、パスポートなど

❷ 印鑑(サインでもOKの銀行もあります)

❸ 社員証や学生証(持っていないときは会社や学校の人に一緒に行ってもらってください)

※日本語でのコミュニケーションに不安がある場合は、職場や学校の人、友人に一緒に行ってもらって通訳をお願いしてください。

2. 銀行口座を売る(譲る)のは犯罪です!

帰国などによって銀行口座を利用しなくなる場合は、銀行窓口で口座を必ず解約してください。 銀行のキャッシュカードや通帳を売ったり譲ったりすると、犯罪になります。その口座は100%、犯罪や違法行為に使われますので、絶対に譲渡しないでください。

キャッシュカード・通帳の売買・譲渡は犯罪です

日本在住のベトナム人向けに不法就労をあっせんしたり、銀行口座や身分証などの違法取引を誘因したりするためのFacebookページがいくつもありますが、利用してはいけません。こうしたページは犯罪の温床になっており、警察も投稿内容をチェックしています。

悪徳業者や不法滞在者は不要になった口座のキャッシュカードや通帳を買い取ります。しかし、銀行口座(キャッシュカード・通帳)を売買したり譲ったりすると、犯罪になります。その口座が犯罪に悪用されると知らなかったとしても、罪になります。

罪名 : 犯罪収益移転防止法違反

罰則 : 1年以下の懲役または100万円以下の罰金

・口座を売買すると罪になることを認識しましょう。

・帰国などが原因で不要になった口座は必ず解約しましょう。

・通帳やキャッシュカードを紛失した場合は、すぐに口座を停止してもらいましょう。

譲った口座は何に使われるのか

譲った口座は100%、犯罪や違法行為に利用されます。それは、口座を譲った人が犯罪を助長することを意味します。

「オレオレ詐欺」などの犯罪に利用

日本では反社会的組織が銀行口座を設けることができません。犯罪グループが買い取った口座はこうした組織などに転売され、特殊詐欺の振込口座やマネーロンダリング、ヤミ金融の資金口座など犯罪に利用されます。「特殊詐欺」の代表的なものは、おじいさん・おばあさんをだまして大金を振り込ませる「オレオレ詐欺」です。

犯罪グループや悪徳業者自身も口座を悪用

口座を買い取ったグループや業者は口座を自分でも犯罪に利用します。例えば、SNSで「航空券を安く販売します」と呼びかけ、メッセージを交換してお金を振り込むと、相手と連絡が取れなくなる詐欺被害がよくあります。昨今、こうした詐欺犯罪に利用される口座は、いずれも不要になった口座を違法に買い取ったものです。

不法滞在者が悪用

不法滞在者は偽造在留カードを使って不法就労をすることがあります。その際に給料の振込口座が必要な場合がありますが、有効な在留カードを持っていないため自分の口座を作ることができません。犯罪グループはこのような不法滞在者向けに他人の通帳やキャッシュカードを転売することもあります。不法滞在者が口座の名義人とSNS上で連絡を取り合い、直接買い取ることもあります。

たった一度の口座売買で有罪判決!

他人に口座を使わせるために自分名義で銀行口座を開設し、それを転売したり譲ったりすると、それも犯罪です(詐欺罪)。

・銀行で口座を作って転売する。

・その口座が詐欺などの犯罪の振込口座に使われる。

・被害者が警察に届けて犯罪が発覚し、容疑者が摘発される。

・警察は口座の名義人にも事情を聴く。

こうした場合、口座を売った人は警察に「私は通帳やキャッシュカードを紛失しただけです」と説明するかも知れません。しかし、口座開設後の入出金記録はすべて警察に把握されるので、不自然な入出金がくり返されていると厳しく調べられます。

他人が使う前提で口座を開設することは違法です。 たった一度口座を売って10,000円の謝礼をもらっただけで、その口座が大きな犯罪に利用されたことから、「銀行をだまして口座を開設した」として詐欺容疑で逮捕され有罪になった人もいます。

帰国前に口座を解約しよう

帰国するなどの理由で不要になった身分証や銀行口座を売ったり譲ったりすると、それらが犯罪や違法行為に使われます。不要になった口座は必ず銀行で解約してください。口座を売買する犯罪については、売買した人が日本から出国すると時効が停止しますので、その後、日本に戻ってから罪に問われることもあります。

口座売買にからむベトナム人の犯罪事例

★不法残留者向け互助サイト運営か/ベトナム人男を逮捕(2020年10月)

SNSに「通帳やカードを売りたい人いますか?」などと投稿したとして、愛知県警は岡崎市の無職のベトナム人の男(24)を犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕。この男は偽造在留カードなどを売買するためのSNSを運営していたとされ、買い取った通帳やキャッシュカードを不法滞在のベトナム人に転売していたとみられている。男の自宅から偽造の在留カードや運転免許証など123点が押収された。

★通帳・カード譲渡容疑のベトナム人逮捕(2020年8月)

神奈川県警は東京都に住むベトナム人の男(21)を犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕。32,000円を受け取る約束で、自分名義の預金通帳1通とキャッシュカード1枚をベトナム人の男に譲り渡したとされる。

★SNSで口座売買勧誘/ベトナム人の男7人逮捕(2020年6月)

SNS上で銀行口座などの売買を勧誘したとして、神奈川県警はベトナム国籍の男7人を犯罪収益移転防止法違反などの疑いで逮捕した。グループのアジト2カ所(東京)から、預金通帳467通やキャッシュカード637枚が押収された。買い取った口座の一部が特殊詐欺に使われたことも判明。

郵便局

1.日本の郵便局は万能機関

日本の郵便局と郵便ポストのマークは「〒」で、赤色を基調としています。

日本の郵便局は「ゆうちょ銀行」と一体になっており、郵便窓口・銀行・保険会社の機能があります。

【郵便局でできること】

❶ 手紙・はがきや荷物の送付(海外にも送れます)

❷ 貯金、送金、公共料金などの振込

❸ 生命保険への加入

※生命保険は他の生命保険会社でも加入できます。

※公共料金は引き落としにすると便利です。また、毎月コンビニで支払うこともできます。

*By KOKORO(毎日新聞社+VAIJなど主催、在ベトナム日本国大使館など後援)

海外送金

家族に送金するために日本で働くベトナム人がたくさんいます。皆さんはどの送金会社を使うのが一番得か知っていますか? 日本からベトナムへの送金について、知らないと損をする情報を紹介します。

1. 海外送金のさまざまな方法と違い

近親者や友人に頼む

もうすぐ日本からベトナムに帰る親せきや友人がいれば、その人にお願いして家族にお金を渡してもらうことができます。この場合、手数料などもかからず、簡単に送金できることになります。ただ、そのような都合のよい状況がいつもあるとは限りません。

銀行、ゆうちょ銀行

一般の銀行やゆうちょ銀行を使うのは昔ながらの方法ですが、個人の送金手段としては、今はメジャーではありません。手数料が高いためです。送金の際に受取人のアカウント情報を漏れなく記入する必要もあります。銀行名、銀行の支店名、支店の住所、SWIFTコード、口座名義、口座番号、口座名義人の住所などです。また、窓口での待ち時間もあり、全体に時間が長くかかります。

◎ 銀行での送金手数料が高いのは、下記の要素が含まれるためです。

① 送金手数料=送金窓口の銀行の収入

② 受取手数料=お金を受け取る銀行の収入

③ 中継銀行手数料=送金窓口と受取窓口を中継する銀行の収入。中継銀行が多いほど手数料の合計が高くなります。/p>

④ 銀行独自の為替レート=銀行がお金を送金先の現地通貨に両替する際、その銀行が独自に設定したレートで両替をします。このため、本来の為替レートとの差額が生まれ、銀行の追加収入になります。

海外送金サービス会社

現在、個人が海外に送金する際は、海外送金サービス会社(資金移動業者)を使うのが一般的です。ベトナム人スタッフが手伝ってくれる会社もあり、楽に確実に送金できます。海外送金サービス会社には、KYODAI Remittance、SBI Remit、DCOM、TransferWiseなどがあります。銀行と比べて手数料が安い上、送金手続きにかかる時間が短く、送金先の金融機関に入金されるまでの時間も短いという利点があります。

送金手数料、ベトナムで受け取るときの金融機関の種類や数、受け取る際の手数料、送金にかかる日数などが、会社によって違いますが、一般に銀行より安い手数料で送れます。近くに店舗がない場合は、Webサイトから申し込んで送金カードを作成し、ゆうちょ銀行やコンビニなどのATMで送金することもできます。

◎ 海外送金サービスのメリット

①100万円以下であれば、海外送金サービス会社の送金サービスを、ゆうちょ銀行やコンビニ、旅行代理店、インターネットなどで利用することができます。

②送金窓口と現地の受け取り窓口の間に入る中継銀行をできるだけ減らすことで、全体の手数料を少なくし、入金までの時間も短縮します。

③銀行口座を作れない人でも送金することができます。

2. 海外送金は、結局どこを使うべきか?

銀行か海外送金サービス会社か?

100万円以下の送金なら、ズバリ、海外送金サービス会社がお得です!手数料の安さ、速さ、便利さ、安全性のすべてを兼ね備えています。

送金額や送金先の国によって異なりますが、100万円以下の場合、一般の銀行なら3,000~4,000円の手数料がかかり、お金を受け取るときも現地の金融機関で手数料を取られます。一方、海外送金サービス会社なら、だいたい500~2,000円の手数料で済みます。

海外送金の手数料比較

KOKORO編集部は、専門家の協力を得て、日本からベトナムに100,000円または150,000万円を送金する場合の各業者の手数料(総額)や受け取り額を比較してみました。

◎ 100,000円をベトナムに送る場合

KYODAI SBI DCOM TransferWise セブン銀行
レート 215 214 214 216,06 213,0113921
海外送金手数料 870 760 1.000 1.354 1.500
ATM使用手数料 330 500 500 440 0
合計手数料 1.200 1.260 1.500 1.794 1.500
受け取り金額 21.242.000 21.130.360 21.079.000 21.218.388 20.981.622

※2020年5月26日午前現在

※ATM使用手数料(KYODAI、SBI、DCOM)=ゆうちょ銀行ATMの使用手数料(各社の海外送金専用カード使用)

※ATM使用手数料(TransferWise)=TransferWiseでの送金は三菱UFJ銀行のTransferWiseの口座を経由するため、ゆうちょ銀行ATMからその口座への振込手数料を計上(ゆうちょダイレクトでも同額)。

※ATM使用手数料(セブン銀行)=セブン銀行ATMの使用手数料

◎150,000円をベトナムに送る場合

KYODAI SBI DCOM TransferWise セブン銀行
レート 215 214 214 216,06 213
海外送金手数料 1.370 980 1.000 1.889 1.600
ATM使用手数料 430 500 500 440 0
合計手数料 1.800 1.480 1.500 2.329 1.600
受け取り金額 31.863.000 31.783.280 31.779.000 31.905.796 31.610.891

受け取り額がポイント

ベトナムのどの金融機関で受け取れるか

送金会社によって受け取れる金融機関の種類や数が違います。 日本の銀行や送金会社の中で、ベトナムで受け取れる方法が最も多いのはKYODAIです(2020年6月時点)。各銀行口座への振込もできますし、現金で受け取る場合は、アグリバンクなどの大手銀行や世界最大の送金会社WESTERN UNION、世界第2のMoneyGramで受け取りができます。また、200円の追加手数料で受取人の自宅まで現金を届けるホームデリバリーサービスもあります。

海外送金サービス会社のサイト(リンク)

KYODAI Remittance(ベトナム語、日本語など) 

SBI Remit(ベトナム語、日本語など) 

DCOM(ベトナム語、日本語など) 

TransferWise(英語、日本語など) 

WESTERN UNION(英語、日本語など)

enRemit(ベトナム語、日本語など) 

    人気記事ランキング

    Platinum Sponsor

    後援

    • 在ベトナム日本国大使館
    • 国際交流基金ベトナム日本文化交流センター
    • JNTOハノイ事務所
    • 関西経済連合会
    • 公益社団法人 ベトナム協会
    • 一般社団法人 国際人流振興協会
    • NPO法人 日越ともいき支援会

    協力

    JASSO(日本学生支援機構)

    外国人労働者弁護団

    新着記事