ブログ

img detail
2020年12月14日 ブログ

今年7月に東京・四ッ谷にできた外国人在留支援センター(FRESC=フレスク)に行ってみました。弁護士による相談窓口や入管、ハローワークなどがワンフロアに集まり、通訳付きで連携して対応してくれます。4省庁・8機関(全体でスタッフ約140人)が集まる最新施設の様子を取材しました。

FRESCってどこにあるの?

・所在地: 東京都新宿区四谷1-6-1 (CO・MO・RE YOTSUYA 13F)

JR中央線・総武線「四ツ谷駅」、東京メトロ丸の内線・南北線「四谷駅」から1~3分の巨大なビルの13階にあります。ビルの名前は「四谷タワー」(別名CO・MO・RE YOTSUYA)です。

① 四ッ谷駅上のatreの近く

FRESCはこのビルの13階

③ 地上階ではここから入ります。

④ エスカレーターで2階へ(2階からはエレベーター)

FRESC(フレスク)とは

日本に住む外国人や外国人を雇用する企業を支援する国の8つの機関を1カ所に集め、相談を受けやすいように工夫した施設です。例えば、入管にもハローワークにも用事がある人、法テラスと入管に同時に相談したい人など、さまざまなニーズにワンフロアで対応できます。開所以来、来所での相談は1日平均100件以上あります。

また、9月からは、新型コロナの影響で困っている外国人から無料で電話相談を受ける「FRESCヘルプデスク」(多言語対応)を臨時的に実施しており、最近は1日約20件の相談を受けています。来所もヘルプデスクも対応は月~金の9:00~17:00です

ワンフロアに8機関が集結

【FRESCに集まっている主な機関】

❶ 東京入管(東京出入国在留管理局)

・日本に住む外国人や外国人を雇用したい企業の相談に乗ります。原則・予約制(電話番号は下記)。

❷ 東京法務局人権擁護部

・外国人や障害のある人への差別、いじめ、虐待、パワハラ、セクハラなど、人権に関するさまざまな問題の相談に乗ります。

❸ 法テラス

・正式名は「日本司法支援センター」。法制度や相談窓口を紹介します。弁護士が法律的なアドバイスや解決方法の提案を行うこともあります。その後、弁護士への依頼が必要な場合は、地元の法律相談窓口を案内します。経済的に余裕がない人には、弁護士費用の立 替えも行います(=条件あり)。

❹ 東京労働局外国人特別相談・支援室

・厚生労働省の組織で、外国人労働者から労働条件などに関する相談を受けます。外国人を雇う企業からも法律関係などの相談に応じます 。

❺ ハローワーク

・正式名は「東京外国人雇用サービスセンター」。高度人材(留学生や専門・技術的分野の在留資格を持つ外国人)の就職・転職を支援します。一般のハローワークより通訳も充実しています。

❻ 外務省ビザ・インフォメーション

・家族を呼び寄せる際のビザ申請手続きなどの相談に応じます。

具体的な相談例

★ 相談例1

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で勤務している。在留期限がもうすぐ切れるので更新したいが、会社が必要書類(課税証明書や雇用契約書など)を用意してくれない。

【労働局、法テラス、入管、ハローワークが対応】

・会社が相談者に仕事を辞めさせようとしている可能性があるので、会社と争う場合に備えて会社とのやり取りを記録することなどを説明し、地元の法律相談窓口を紹介。

・今の職場で雇用が継続されない場合に備えて新しい仕事探しの相談

・転職する場合のつなぎの在留資格について説明

FRESCの相談ブース

★ 相談例2

新型コロナの影響で帰国できず、在留期限が切れそうだ。

【入管とハローワークが対応】

・在留期限更新や在留資格変更の制度・手続きについて説明

・帰国までの仕事探しについてアドバイス

◎ 相談後はどうするのか?

FRESCでは、仕事の紹介以外は、制度や支援策に関する情報提供や相談を行います。相談後の実際の対応は自治体など地元の行政機関や支援者、本人が行います。問題解決への道筋を教え、関係機関などを紹介するのがFRESCの役割です。

トップインタビュー

FRESCの田平浩二(たびら・こうじ)センター長に聞きました。

田平センター長(中央前)

――相談者の国籍は?

田平 把握できている中では中国人が一番多く、2番目以降は、月によって変わりますが、ベトナム人や韓国人などが多いです。日本人の支援者や知人の来訪もよくあります。

――相談者の在留資格は?

田平 今のところ、入管やヘルプデスクへの相談は「技術・人文知識・国際業務」の人からが多く、技能実習生や留学生からの相談もあります。外国人技能実習機構(OTIT)とも意見交換しています。在留資格にかかわらず、困ったことがあれば遠慮なく相談に来てください。

――他のハローワークとFRESCのハローワークの違いは?

田平 FRESCは高度人材(留学生や専門・技術的分野の在留資格を持つ外国人)の就職・転職を支援します。また、一般のハローワークより通訳が充実しています。永住者や定住者は、新宿駅近くにある別の外国人専門ハローワークで 支援します。

――ワンストップ制度のメリットについて

田平 来所の場合もFRESCヘルプデスク(0120-76-2029)での相談の場合も、相談中に複数機関での対応が必要と分かれば、その場で対応できます。また、入管の電話予約(03-5363-3025)で相談の概要があらかじめ分かれば、必要な機関が最初から一緒に相談を受けることもできます。

――相談者の居住地域は?

田平 来所者は東京や周辺の県からの方が多いようですが 、FRESCヘルプデスクには全国から電話がかかってきています。

まとめ

FRESCは外国人からの相談に対する一元的対応を目指しています。通訳・電話通訳も充実していますので、もし困ったことがあれば、皆さんも遠慮なく利用してはいかがでしょうか。

◎ FRESCヘルプデスク(0120-76-2029)=月~金(9:00~17:00)

◎ FRESCの入管電話予約(03-5363-3025)=月~金(9:00~17:00)

※ベトナム語での対応を希望する場合は、いずれも最初に「ベトナム語でお願いします」と日本語か英語で告げてください。