ブログ

img detail
2019年12月2日 ブログ

 スマートフォンの普及により、ほとんどの人が携帯電話を持っています。海外で携帯電話を使用する場合は現地のSIMカードを使うのが最も経済的ですが、国によってルールが異なります。

 ベトナムでは通信会社の販売店以外の多くのお店でプリペイドSIMが販売されており、端末にセットすれば音声通話とインターネットがすぐに使え料金も簡単にチャージできます。

 それに対し日本で音声通話とインターネットを使うためには、通信会社と契約する必要があります。契約するには、日本国内の銀行口座と在留カードが必要な場合が多く、料金は月額制で、契約した通信プランに従い金額が割り出されます。プランによっては月に10,000円以上かかることもあるので、自分に合ったプランにしましょう。

 また、通信会社で購入した端末は他社のSIMカードが使えないようになっていますので、もし他社のSIMカードを使いたい場合は端末のロックを解除する必要があります。仕事や留学などの長期滞在の人は、あらかじめ通信会社を調べておくと慌てずに済みます。観光など短期滞在の場合、空港で購入できるのはデータ専用のプリペイドSIMがほとんどですから、音声通話は「Zalo」や「LINE」などの通話アプリを使いましょう。

 料金を安く抑えたい人は、「格安SIM」を検討してみてください。SIMフリー端末やクレジットカードの準備が必要ですが、月額1,000円台から「音声通話+データ通信プラン」を利用することができる通信業者もあります。 日本は、無料Wi-Fiが使える場所がベトナムほど多くないので、携帯電話を使えるようにしておくと安心です。手続きに不安があれば、会社の人や友人などに手伝ってもらうようにしましょう。